老後を車で満喫したい…車のローンは何歳まで組めるか

昨年会社を定年退職して、悠々自適な年金生活が始まりました。今まで特別な趣味などは無かったのですが、このへんで思い切って車でも買ってみようかなとも思っているところなんです。憧れのスポーツカー…BMWやメルセデスベンツ等をガレージに置いて、ちょっとした時間にドライブに出かける…みたいなのを夢見ています。そこで気になっているんですが、車のローンというのは、私のような老年退職者でも組めるものなんですか?一括で払えない訳でもありませんが、退職金にまで手を付けるのはちょっとという気持ちもありますので、出来ればローンを組んで車を購入したいのです。教えてください。

七十歳までに完済できるかどうかを基準にしています

車のローン審査は、キャッシング、カードローン、住宅ローンと同じように、安定した収入・職業であるか、完済出来る経済状況か、多重債務者であるとか、延滞履歴が無いか等、大体の審査内容は同じです。

基本的に七十歳くらいまでに完済出来るかどうかも審査見極めポイントの一つになっております。定年退職時の年齢にもよりますが、おおよそ七十まで完済するまでの期間が五年~長くて十年と見られる訳です。年金の収入額にもよりますが、短期ならまだしも長期のローンを組むのは難しいと判断される可能性があるでしょう。

無難な事を言えば、退職金の一部を充てて、短期ローンを組むのが一番手っ取り早いと思います。悠々自適な老後の生活を送る為にも、無理の無い返済計画を練れると良いですね。

車のローンは何歳まで組むことができるのでしょうか

車は高額なものですから、車のローンを利用して負担を抑えながら購入したいと考える人は多いでしょう。では、実際には何歳まで組むことができるのでしょうか。これについては金融機関によって異なっていますが、借り入れるときの年齢絵はなくて完済するときの年齢で制限がある場合が多いです。

例えば、大手の銀行であれば、完済時の年齢が満70歳というように、完済時の年齢で決めていることが多いと言えるでしょう。例えば、10年で支払っていこうと思うのであれば、この場合には60歳までに申し込むのが限界だと言えるでしょう。このようにして計算をすることになります。

年齢の上限についてですが、これは金融機関によって異なっていますから、例えば75歳くらいに完済する場合でも借りることができる場合もあります。ですから、欲しい条件で借りることができなかった場合には、他の銀行や信販会社などを探してみるのが良いです。

それぞれで年齢制限は異なっているのですが、大まかに言えば、銀行よりも信販会社のほうが年齢の上限は高く設定されています。銀行は70歳くらいと言うのが相場で、信販会社の場合には75歳くらいと言うのが相場ですから、銀行と信販会社の両方に相談をしてみると良いでしょう。

年齢によっての違いはあるということなのですが、年齢だけで審査が決まるわけではありませんから、他の要因についても良く注意しておかなければなりません。返済可能性は人によって異なりますから、返済可能性が高い人の場合には多く借りることができますし、条件も良くなります。

返済可能性が低いと判断されたとしても、借り入れる金額が小さければ審査に通ることは多いです。高齢だからといっても、ある程度の貯蓄がアレばかりなければならない金額は少額になる可能性が高いでしょう。このような場合には審査に通ることが多いです。まずは色々な金融機関の審査を受けてみるのが良いと考えられるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 [カードローンに通らない理由]の前に、融資会社選びはコチラ! All Rights Reserved.